FC2ブログ
--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2016年12月08日 (木) | Edit |
前回SuccubusQuest短編書いたので今回書くのはSuccubusRhapsodia。
昨日と同じく内容については折りたたみ。
このゲームはSuccubusQuest短編をモチーフにして別の作者が作ったゲームで、SuccubusQuest短編の続編ではない。
が、SuccubusQuest短編をリスペクトして作ってあるので基本的なシステムは同じ。
戦闘はSuccubusQuest短編に少しアレンジが加えてあり、より戦略的な戦闘ができるようになっている。
難易度も雑魚戦でも手ごたえを感じるぐらいの割とシビアな作りで、Trueエンドのラスボスは対策を立てないとゲームオーバー必須なぐらい強敵だった。正直ちょっと泣くかと思った。
戦闘周りで散々言われてることだけど、獄界はいいとして魔城の敵がウザ過ぎる・・・
数歩歩いてエンカウント、また数歩歩けばエンカウント・・・
ロマサガ無印を思い出したわ・・・・

ストーリーは時系列が良く分からない・・・
そして最後に出てきたアレといい、ラスボスとキャストの共通点はなんだったの?考えても良く分からない。

音楽については、なんとSuccubusQuest短編でObstructerを作った本人であるCres.さんが担当している模様。
ユニークサキュバス戦ではObstructerのセルフモチーフであると思われる曲が有ったり、通常戦闘の曲もSuccubusQuest短編を少し髣髴とさせる曲だったりで非常に良かった。
特に好きなのはラーミル戦の曲とトゥーロマンサの曲。
Cres.さん以外の曲では島白さんのTearing the stratusが素晴らしい・・・!
この曲は正直体験版のタイトル画面で使われてる方があってた様な気はするけどね。

一部口上が未完成だったりするけどSuccubusQuest短編をプレイした人はやってみると良いかもしれない。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。