FC2ブログ
--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2017年05月10日 (水) | Edit |
タイトル通り「ラハと魔法の園」「ラハと理の魔法生」「ラハと百年魔法石」クリアしたので感想。
このシリーズってまとめて呼ぶときどうやって呼べばいいんだろう?ラハ三部作でいいか。
ネタばれ若干含むので折り畳み。

まずストーリーから。
正直2部作までは好きじゃなかった。
理の魔法生の謎解きは面白かったけど。
なんというか性格と口が悪いキャラ多すぎない?このゲーム…
後から実はいいやつでした!されてもその前段階で取り返しのつかないことしてるやつばっかりだし…
特にフーバルトとオリアネス。
ラクリスも一応〇〇兼魔法医のくせして試験で死んでも見殺しにします!って言ってて頭おかしいんじゃないかと思った。それさえなかったらいいキャラだったのに…
他に細かい突っ込みどころもあったけど書くの面倒くさいので割愛。
3部作目はストーリー結構良かった。
キャラも最初三人全員とげのあるキャラなので胸焼けしそうになったけど、ミーシェが丸くなる中盤からは楽しめた。
グレンはフーバルトとは別人だったし、普通にいい人だったので3部作の中では唯一好感が持てるキャラだったかも。
正直ラハがあまり好きじゃなかったからラハが出ない3作目が一番楽しめたというのはある。

次戦闘。
1作目は正直面白くなかった。おまけ程度だったから特に語ることなし。
2作目はパズル要素が強くなって割と楽しかった。
3作目が戦闘も一番面白かった。
無属性必中ダメージ特化だったり、攻撃はリピート魔法のみというのは斬新で凄くよかった。
ただ残念だったのは後半グレンが火力不足になるのと、ヤクルが使い辛過ぎる…
調合はランダムじゃなくて好きなのを調合させてくれればよかった。それかゴミみたいなのを無くして欲しかった。
戦闘薬はフルトサイクロンZが有能すぎだったのでそれ以外ほぼ使わなかったし、フィアテクトが生成されなさ過ぎて魔竜がきつかった。
それさえなかったらかなり戦闘が面白い部類に入ると思う。

次音楽。
正直印象に残る曲はなかったな。
3作目のタイトル画面の曲がそこそこだったぐらい。
フィールド曲もどちらかというと耳障りなのが多かった気がする。

総評。
1作目2作目が評価高かったけど3作目が一番面白かった。
個人的には前2作が3作目の足を引っ張ってしまってるイメージが強くてちょっと残念な作品だったな。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。