FC2ブログ
--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2017年07月16日 (日) | Edit |
好きな人がいることを承知の上で言います。

チャーハンにグリンピースやトウモロコシ、カレーに福神漬けやラッキョウ、焼きそばに紅しょうがを入れるのはやめろ!

お前ら入ってると途端にその料理がまずくなるんだよ!
グリンピースはまだ取り分けられるからいいけど、トウモロコシ!ってめーは卵に擬態しやがるから質が悪いんだよ!
福神漬けとラッキョウ、そして紅しょうが!貴様らは料理に接してる面に味が移ってしまうせいで取り除いても意味がない!なんという悪辣さ!
こいつらは俺の楽しい食事タイムを台無しにしやがる害悪どものくせに、さも入ってるのが当然と言わんばかりに付け合わせられてやがる…
その憤りを鎮めるためにも、なぜ付け合わせとして選択されるのか調べてみた。

まず、グリンピースとトウモロコシ。
正直調べてみたけどわからなかった…
というかグリンピース要らない人のほうが多そう…
おそらく色合いのバランスで入れてるんだろう。ってのしかわからない。
でも、グリンピース入れるならピーマンやレタス、青ネギのほうが絶対においしい。
百歩譲って豆を入れるなら、多分えだ豆だと思うけど、あれ入れてた方がおいしい。
トウモロコシに至っては、同じ黄色の卵があるので色合い的にも不必要…
マジで何でこいつらチャーハンに入ってるんだよ…

次にカレーの福神漬け、ラッキョウ。
こちらは調べると色々出てくる。
福神漬けはチャツネやピクルスの代わりで入れたのが慣習として残っている。
ラッキョウは成分的なカレーとの相性の良さからというのが理由っぽい。
ただ、口直しやビタミンB1の吸収促進の方が大きな理由としてあって、うまみ成分の増加には寄与してなさそう。
いずれにせよ、俺にとってはカレーに入っている理由として弱すぎる。

最後に焼きそばに紅しょうが。
これは歴史的な背景はよくわからない。
というか焼きそば以外にも色々なものにも入ってるみたいだね…
牛丼やかつ丼だけでは飽き足らず、寿司にも…?
考えるだけでおぞましい。
一応付け合わせの理由としては殺菌作用、色合い、口直し、消化の促進みたいですな。

と、いろいろ調べてみたけど、わだかまりが残ってしまうだけという結果に。
どいつもこいつも、うまみ成分の増幅の為ではないようなので、他の食べ物で代用すればいいのは…?
正直陋習としか思えない・・・
あ、一応勘違いされたくないので弁明しておくけど、料理と別々になっていて、単体で食べれるとしたらどれも好きです(辛い紅しょうがはあまり好きじゃないけども)。
当たり前のように付け合わせとして入っているせいで、おいしい料理の味を阻害してぶち壊しにしてるのが許せないだけ。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。