FC2ブログ
--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014年04月24日 (木) | Edit |
久々のRPG紹介。
何故4がないのに5なのかというと、Elonaを紹介した分を含めているからなのです。
細かいことは気にしない。

さて、今回紹介するのはおおよそ予想がついてるとは思うけど、ざくざくアクターズ
こちらも比較的有名なフリーゲームで、らんだむダンジョンを手掛けたはむすたさんによるRPG作品。
起動するにはVX AceのRTPが必要。
戦闘システムはらんだむダンジョンと同じく、コマンドターン制。HP,MPとは別にもう一つ、TPと呼ばれる0~100までのゲージがあって、このTPを消費することによって強力な攻撃や、回復などの支援を行うことが出来る
戦闘画面
戦闘画面紹介

TP自体は攻撃やダメージを受けることなどによって容易にためることができるから安心して使ってよい。
その他にも、特徴的なシステムとして、8人パーティー制がある
実際に戦うための4人(前衛)、控えに4人(後衛)がいてターン毎に入れ替えることが出来る
例えばHPやMPが0になってしまったり、状態異常で行動不能となってしまった前衛を万全の状態の後衛と入れ替えることができる。
また、後衛に居る間はステータスが保持される為、バフを重ねがけして一斉に総攻撃、ということも可能。
一見、難易度は低そうに感じるが敵の攻撃が高めな上攻撃回数が多いので、油断してると雑魚相手でもあっさり崩れてしまう。
入れ替えのタイミングや建て直し方を考えるのもこのゲームならではの楽しさといえる。
また、前作のらんだむダンジョンでは耐性パズルが非常に重要だったが、ざくざくアクターズでは今のところ耐性はそれほど重要ではなく、装備を毎回考えるのが面倒くさいという人でも楽しめると思われる。

さて、戦闘のほうは有る程度説明し終えたので会議システムについても簡単に。
まずは会議システム
会議

会議は一定期間ごと(正確には一定の戦闘回数)に開けるようになっており、会議を開くことでアイテムが手に入ったり、ステータスがアップするイベントが起きたり、探索場所提案があったり、店を経営しお金を手に入れることなどができる
仲間が増えるごとにイベントや店の種類が増やせるのでそれを楽しみにするのもいいだろう。

音楽については、フリーの楽曲から、質が高く、場面に即したBGMをチョイスしている。
選曲センスは本当に素晴らしい、の一言につきる。

そして最後に世界観やストーリー、キャラクターについて。(順番がおかしいかもしれないが)
世界観、ストーリーとしては、昔、召喚という技術で、召喚士が別の世界から人や魔物を召喚していたが、扱いの酷さに耐えかねた被召喚側が暴徒化、反乱を起こした。召喚士側がこれを鎮圧し、落ち着きを取り戻したように見えたが、別の世界から呼び出されたことに不満を覚える者達、そんな彼らを"ハグレ"と呼び蔑視する者との間の摩擦は絶えなかった。
そんな中、「キーオブパンドラ」という鍵を持ったハグレの少女が、ハグレ達の居場所を作るためにハグレ達を集めた王国を作ろうとしていた・・・
というのが大まかな最初の流れ。
こうして、仲間を集めていくのですが、集う仲間が揃いも揃って個性的。
自称サイキッカーや、紅茶の神様、こたつに入った竜人等々、多種多様なキャラクターが現時点(Ver 0.92e)で最大30人仲間になる
絵がお世辞にも上手いとは言えず、キャラクターの個性の強さもあり、基本的にはギャグパートが多いため、こういうのが寒いと感じる人には向いてないかもしれません。
しかし、このキャラクターたちに愛着を持てたならギャグ、シリアスともに引きつけられ楽しめることは間違いないです。
シリアス部分も、しっかり練られており、主に参謀役であるローズマリーが数々の困難に対し、最善の策を考えて行動することで締めるところは締めており、筋もちゃんと通っているため、思わず「成る程」と感心してしまう場面も多々あるはず。
また、らんだむダンジョンと同じく、熱いイベントもあり、今作でもかっこよさに惚れるキャラもいるかもしれない。
このギャグとシリアスとの絶妙なバランスは流石、と言わざるを得ないだろう。


そんなざくざくアクターズだが、今のところは3章まで公開中で秋頃予定の4章で最終章の予定なのだそうだ。
とはいっても、3章までクリアすると普通にやって30時間以上はかかるので興味をもった人はぜひやってみて欲しい。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。